明日は・・・

明日は息子の卒業式
仕事が忙しく(先がまだ見えない・・・)もあり、休日出勤となりますが、頑張ったのか、頑張りが遅かったのか、精いっぱいやった最後の1年だったのでしょうか・・・?
やはり立場が変わると何やってんだ!!と思うところが多いですねぇ。


ハンドランチ
此方も「マダラチュウヒ」擬きのデザインを作成しました。
スポンサーサイト

なかなか

伊坂幸太郎著 「ゴールデンスランバー」文庫初版 平成22年12月


身に覚えのない、首相殺しの犯人に仕立て上げられた主人公
学生時代の仲間たち、偶然に出会う人たちと関わる中で、どうやって活路を見いだせるのか?

中々面白かった作品でした。
この著者は「オー!ファーザー」が最初でしたが、独特な感じで興味を持ちました。以後「重力ピエロ」、「アヒルと鴨のコインロッカー」と読みましたが、なんとなくの独特感で終わってしまい唸るだけでしたが、この著書はいいですね(あくまで好みですが・・・)

マダラチュウヒ

モノクロ

IMG_3535.jpg
目玉はサイズ変更して2倍くらい大きく修正しました

大したこと無く

今日は、仕事で余市町の果樹園へ

IMG_3525.jpg

 冬は来たことが無かったのですが、心配された天気もさほどひどくなく、2時間ちょっとで無事到着。積雪120~130cmとサクランボの木の先に触れれる程でした
 冬場は剪定作業とのことで、せっかくの仕事日和の邪魔もしたくないので、さっさとこちらの仕事を済まし帰路に着くことに。途中の小樽運河では、相変わらず観光客が結構居りました。中国語が飛び交ってた様です。

チュウヒ

新デザイン(TANPO君)
A5大
マダラチュウヒ(カラスでは無く)
(斑沢鵟、英名:Pied Harrier、学名:Circus melanoleucos)

ハンドランチ機は「チュウヒ」としている(EMH-CS、そのまんま・・・)
(沢鵟、英名:Eastern marsh harrier、学名:Circus spilonotus)

米映画?

久し振りにハードカバー物
読み始めから引き込まれ、まるで米映画(アクション)を見ている様で面白く読めました


高野和明著 「ジェノサイド」、 平成23年3月初版
病気の息子を救おうとする傭兵
科学者である父からの意味不明の伝言を実行する息子
二人の繋がりにはある影の存在が・・・


えっ?ミステリーなの


一気読みしました
恥ずかしながら、どこがミステリーなの?という感想
ネタバレを読んで成程
もう一回読み直し・・・です

法月綸太郎


法月綸太郎著 「頼子のために」
文庫初版 1995年5月
17歳の愛娘が殺された、警察の犯人像に納得のいかない父親の犯人探しと事件の驚愕の真相・・・

一応完成

昨年の図面に少し手を加えた九試単戦

ラッカー塗布前まで完成しました

IMG_3520.jpg
春までこのままです・・・

公園用いす

かみさんが何かのポイント交換で手に入れてくれた

IMG_3518.jpg
IMG_3516.jpg
IMG_3517.jpg
遠征の時使えるかも・・・

吹きっさらし

つドーム予約の帰路


自宅の手前の吹きっさらしの道路
雪はそうでも無いのだけれど風が強い為地吹雪状態
一時的でしたが視界10mと言ったところでしょうか
帰宅後は、結構な吹雪になってきました

伊坂幸太郎

伊坂幸太郎著
アヒルと鴨のコインロッカー
2006年12月文庫初版


今までのこの著者の作品
ノンビリとしたところの中に、恐ろしさをひそめさせている
プロフィール

ライト

Author:ライト
クラブHPに載らない日々を掲載

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム